<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コタンクルカムイ

ミゾレまじりの雪がつもった翌日、水たまりでカエルが鳴き始めました。
カエルの結婚シーズンの到来です。
この2年放置していた裏の畑に、今年は各種野菜をまいて育てる予定。
去年の枯れ草を除き、コンポストの中身を分け一部を畑に鋤き込んで、
邪魔な球根や桜草の根は表の花畑に移動。
植えっぱなしで邪魔になった灌木を撤去し畑起こし。
木の枝を取り除き、固まりをほぐして一段落。
土曜の午后からはじめて日曜の午前中まで。
せっかくの休日ですが三匹の午前中の散歩までは無理です。
久しぶりの農作業で肘がジーンとしてきたところで今日の作業は終了。
なかなかきれいに土がならされました。
満足満足。ふーっ。

その晩、よる11時過ぎ、サクラと夜中の散歩をしていた時です。
ふーっ ふっふー。
陰気くさい犬の声だと思っていたら、
また林の中からふーっ ふっふー。

姿は確認できませんでしたが、ふくろうのようです。
エゾフクロウの姿は何度か自宅近くで確認していましたが声を聞くのは初めて。

遠矢コタンにカムイがいました。
[PR]
by tooya_3 | 2006-04-27 20:17

放浪癖

c0052169_21384373.jpg

先週のある朝、職場の同僚宅前に体の大きいイエローラブラドルが立っていました。
同種犬を飼っている、犬好き家族なので早速様子を見に行くと
赤い首輪にちぎれたワイアーが50センチ位、迷い犬のようです。
人懐っこく、無駄吠えをしない控えめな犬。
同僚宅では飼い犬を自宅にいれ、
外ゲージを迷い犬に一時提供し、
警察、保健所、釧路新聞に道新と記事を出したり、問い合わせたり。

二日後、引き取り手がとりあえず判明。
釧路市内、三津浦地区に住む住人が
ほとんど食事もさせず森の中につないでいた犬を、
見かねて、市内の犬猫保護ボランティアが見かねて引き取ったとのこと。

しかしそのボランティアも自宅では飼えず、
釧路郊外の自分の土地に簡単な囲いを作って保護、
ほかにも同じ境遇の犬がいるようで自費でえさをやりに通う毎日。
そこから2度目の脱走をしたのが写真のわん君推定1才。

図体が大きくて地味な犬、ラブラドル。
人を信頼する能力がとても高いのがいいところ。

とりあえずボランティア宅に引き取られ
新しい飼い主を募集中。
犬にせよ命を預かるのは、大変なこと。
良い縁がありますように。
[PR]
by tooya_3 | 2006-04-17 22:01

ハイタカが来た日

タンッという軽い音。
今年2度目、
在宅時の衝突事故。

ヒヨドリに追われた雀が、
ベランダのガラスにぶつかってしまうのです。

薄目をあけ喘いでいるのを、ゴム手袋をはめて拾い上げました。
左目の白濁あり。
段ボールの底に安置して、
箱ごと毛布で覆いストーブの側へ。
これで前回は回復したのですが今回はどうかな・・
c0052169_21385633.jpg

ふと窓のそとをみるとややや!!!
今度は、猛禽がうちの庭の畑で赤いものをたべてますっ。

図鑑で探すとどうもハイタカの幼鳥のようです。
食べられているのはブルーグレーの羽、カラの仲間でしょうか。
雪のせいか撮影を気にする様子もありません。よっぽど空腹だったのかな。
バードテーブルの雀を狙う習性があると野鳥図鑑。
猛禽類が生活できる環境を喜ぶべきか。
c0052169_21391299.jpg

保護して2時間 箱の隅に立つ雀を確認。
でもまだ外には出せません。
随分雪が積もったし
ハイタカまで待ち構えてます。

午後2時すぎ 
保護した雀がケースの隅で息絶えていました。
 
[PR]
by tooya_3 | 2006-04-16 21:42

雀さんお元気ですか

c0052169_21383972.jpg

道内で雀の大量死が報告されだしました。
釧路市内白樺地区、住吉地区でも雀が少ないとか。
遠矢地区は 幸い冬期間も含め毎日沢山の雀が元気な姿を見せてくれています。
市内鳥取地区でも庭木に雀が鈴なりになったお宅がありました。
毎朝えさはまだかとチュンチュン、早く立ち去ってゆっくり食べさせろジュクジュク、
と言った感じでさえずってくれています。
去年と違うのは むやみにヒヨドリが集まりだしたこと。
この日は11羽を数えました。
この姿が消えるかもしれないとは。
寂しいというよりは底知れない不安感。

小学校低学年の頃、いきなりトンボの群れが消えてしまいました。
それまでは、夕方に電線の影がトンボがとまって
有刺鉄線のように見えることのもあったのです。
(道東佐呂間地区)

雀には人里の留鳥として身近にいて欲しいものです。

c0052169_21385399.jpg

写真の鳥はヒヨドリです。
[PR]
by tooya_3 | 2006-04-13 21:59 | 散歩

水門にて

c0052169_21462339.jpg
ここは釧路湿原を流れる釧路川が褶曲を失って直線化する水門側。
釧路市内に向かって左右に堤防がのびています。
砂利道の両脇には草地も広がり、
車通りも、ダニも少ないので、散歩するには安心な場所。
実に釧路は犬と過ごしやすい。
北にかえる白鳥の小編隊。
空高く上りながらさえずるヒバリ、
アシの広がる湿地からは鶴の鳴き交わす声。
春です。
足下にはウサギや鹿の落とし物。
フカフカのしっぽをもったキタキツネが道を横断。
犬たちは盛んに走り回ります。
老犬サクラも彼女なりに臭いを楽しみながらゆっくりついてきます。
随分離れると慌ててひょこひょこ走り出すのもかわいい。
[PR]
by tooya_3 | 2006-04-10 22:06 | 散歩

ある日森の中で鹿さんに出会った

c0052169_22465327.jpg

でも鹿さんはすたこら逃げませんでした。
人2+大型犬3が相手です、フリーズしちゃいましたね。
4頭のシカ、うち一頭は間もなく我にかえって森の奥へ。
残り3頭とは見つめ合ってしまいました。
一番反応したのは 老犬サクラ。
張り切って吠えだしたところ、やっと白いお尻を見せて森へ消えてゆきました。
c0052169_2252419.jpg

[PR]
by tooya_3 | 2006-04-05 22:54 | 散歩

発砲禁止?

c0052169_22535983.jpg

ドライブ中に発見。
見間違いかと後戻り。
学校が無くても公道上で発砲はまずいでしょう。
厚岸 太田地区にて。
[PR]
by tooya_3 | 2006-04-03 22:56 | 散歩